PPCとは

PPCとは「Pay Per Click(ペイパークリック)」の略で、
広告型検索サービスの事です。

広告料金を支払う額に応じて、検索エンジンの上位に
表示できる有料リスティングを指します。

PPCの表示位置

上の画像のハイライトの部分がPPC広告です。

PPCサービスは色々とありますが、日本人の多くは
検索エンジンでヤフーとグーグルを使用することから、

ヤフーが運営しているYahoo!プロモーション広告
グーグルのGoogleアドワーズが人気です。

PPCは多くの場合、オークション方式を採用しており
広告主は入札を行うことで自由にクリック単価を
設定することができます。

キーワードに入札を行い、単価の高い広告主が
上位表示されるのです。

そして、表示された広告がクリックされた時点で、
広告費が発生するという仕組みです。

一般的な広告の場合は一定の広告費を支払わないといけないのに対して、
PPCの場合はクリックされた時点で広告費が発生するので、とても経済的です。

PPCの種類

PPCには、検索型と関連サイト型という種類があります。
この2種類の特徴は次の通りです。

 

検索型PPC(スポンサードサーチ・ディスプレイネットワーク)

検索型PPCは、ネットユーザーが特定のキーワードで
検索した場合に、検索結果の上部に表示される広告です。
(上の画像の部分ですね)

例えば、胸を大きくしたいという事を望んでいるユーザーが
検索するキーワードには「バストアップ」「胸を大きく」などがあります。

このユーザーには、バストアップのサプリや補正下着などを
紹介すればすれば購入につながりやすいと思いませんか?

ネットユーザーの知りたい情報を元に、キーワード設定が
可能なので成約率が高くなりやすいのが検索型です。

ただし、キーワードの入札単価が高騰しやすい傾向があります。

 

関連型PPC(インタレストマッチ・コンテンツマッチ)

関連型PPCは、検索結果に表示されるのでなく、
入札したキーワードに関連するサイトに広告が表示されます。

インタレストマッチやコンテンツマッチの位置

この場合、ヤフー知恵袋の下に関連する広告が
表示されていますね。

関連型は検索型と違い、ユーザが検索したキーワードに
対して検索結果に表示されるものではありません。

入札したキーワードに関連するサイトに
自動的に表示されるタイプの広告です。

上の画像で言えば、ヤフー知恵袋に熱帯魚に関連する
記事があることから、それに関連する広告が表示されています。

検索型に比べて、ユーザーが直接探している情報では
無いので、潜在的な見込客を狙うことになります。

そのため、「検索型」に比べてキーワード単価は安い
傾向にありますが、成約率は低くなります。

 

NEXT > PPCアフィリエイトのメリットとデメリット


[}KWo^tH[




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る