アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に登録する

ASP

日記ブログのページが10記事ほどになったら、いよいよASPに登録します。
ASPの登録は無料ですので、なるべく多くのASPに登録しましょう。

というのも、同じ企業の商品でも、ASPによって報酬額が違う場合があるからです。
どうせ同じ商品をアフィリエイトするなら、少しでも報酬が高いほうがいいですよね。

ASPは本当にたくさんあるのですが、ここでは私が絶対に登録しておくべきだと
考えているASPのみを厳選してご紹介します。

信頼できる物販系ASP一覧

※すべて登録は無料です。

A8.net(エーハチネット)
支払いは、翌々月の15日。振込手数料はゆうちょ銀行が最安で30円。

アクセストレード
報酬の振込み手数料無料。支払いは1,000円以上で、翌々月の15日。

バリューコマース
報酬の振込み手数料無料。支払いは1,000円以上で、翌々月の15日。

リンクシェア
報酬の振込み手数料無料。支払いは1円以上で、翌々月の20日。

バナーブリッジ
報酬の振込み手数料無料。支払いは3,000円以上で、翌々月の15日。

電脳卸
報酬の振込み手数料500円。支払いは3,000円以上で、翌々月末。
 

各ASPの独占案件というのも存在します。
特定のASPしかアフィリエイトを許可していない商品というのがあるんです。
だからなるべく全て登録だけはしておいたほうが良いでしょう。

報酬率は低いが、初心者でも結果が出やすいASP

報酬率はとても低いのですが、初心者でも比較的結果を出しやすい案件があります。
それは「楽天市場」や「アマゾン」などのアフィリエイトです。

なぜ結果を出しやすいか、わかりやすく例を挙げます。

あなたがAという商品をブログで紹介していたとします。
訪問者は、Aのアフィリエイトリンクをクリックして
楽天やアマゾンに移動しましたが、結果的にAを買いませんでした。

しかし、そのまま楽天やアマゾンに滞在した訪問者は
その後、Bという商品をそこで購入しました。
これでも報酬が発生するのです。

つまり、紹介した商品以外が売れても報酬が得られるわけです。

これが、楽天やアマゾンアフィリエイトの魅力です。
そのかわり、報酬率は1%〜10%と低めです。

楽天アフィリエイト

アマゾン・アソシエイト

物販系ASPのデメリットを克服しているのが情報商材ASP

ASPの多くは、実物の商品を販売する物販アフィリエイトです。

しかしASPの中には、情報を販売するASPもあります。
これらの商品は一般的に「情報商材」と呼ばれています。

海外では日本よりもはるか以前から情報商材が一般的に販売されています。

情報商材は主に電子書籍のようなスタイルで販売されているケースが多く
経費があまりかからないので、報酬が高いこと、報酬確定が早いなど、
メリットがとても多い商品なのです。

当サイトではこの “情報商材を使ったアフィリエイト” を特にオススメしています。

 

当ブログイチオシの情報商材を扱うASP

残念ながら、情報商材を扱うASPには「詐欺商材」ばかりを扱うASPが多いのが現状です。
その中でも私が信頼に足ると判断するASPは、下記のひとつだけです。

インフォトップ

インフォトップは、情報商材を扱うASPの中でもかなり審査が厳しいです。
(私も自社商品をこちらで販売しているのでよく知っています)

また、情報商材系ではトップクラスの実績を持っています。
振込手数料は一律735円、月末締め翌々月5日支払いです。

 

サイトの審査について

ちなみに、サイト審査については、下記の2種類があります。

・ASP自体に自分のブログを登録する審査
・ASP登録後、企業の広告を取得する際の企業側からの審査

ただし例外もあり、どちらも審査をせず
すぐに承認される場合もあります(電脳卸やインフォトップなど)

次のステップで必要になりますので、まずは上記のASPに片っぱしから
登録していきましょう。

 

次のステップ > 自己アフィリエイトで実際に収入を得よう


[}KWo^tH[




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る