ハミングバードよりも、こっちのほうがずっと困ります

  • 公開日:2013/10/30
  • 更新日:

Googleの“ハミングバード”アップデートが
最近話題になっています。

調べ物をする際、googleなどの検索サイトにアクセスして
気になるキーワードを入力して検索ボタンを押すと、
そのキーワードに沿った内容のサイトが表示されますよね。

検索者はそこに表示されたサイト群の中から
自分が知りたかった情報を探して、見る。
というのが従来の流れです。

ただしこの方法だと、知りたい情報が上位に無い場合
ひたすらサイトを循環していく必要があります。

ではこの“ハミングバード”はというと、
googleにアクセスしてキーワードを入力するまでの
流れは一緒なのですが

そのキーワードから想定される質問に対して
Googleが最初に答えを出してくれるという仕組みです。

例えば、こんな感じlink-icon(キーワード欄も見て下さい)

うわ!
まさか電卓まで出るとは思わなかった Σ(゚Д゚)
Google、スゲーな。。

 

とまぁ、それはさておき、
こんな感じで、ある程度答えが明確ならば
Googleが先に答えちゃうようになったわけです。

今後は、ハンパな内容のコンテンツでは
検索者は我々のサイトを見てくれる可能性が
低くなると言えるでしょう・・・間違いなく。

つまり、より検索者が求める内容を詳しく、
もしくはそれ以上の探究心を煽るようなタイトルや
内容の記事を書く必要があるということです。

とは言っても、これに関しては私がいつも言っているように
しっかりしとした記事、ユーザーの知りたい情報を書いてさえ
いれば、別段、気にするほどでは無いと思っています。

つまり“ハミングバード”はそんなに怖くない。

それよりも私が怖いのはもうひとつの
Googleの最近の変化です。

 

日々、アクセス解析をチェックしている人は
もしかしてご存知かもしれませんが

ここ最近、アクセス解析で得られるキーワードが
極端に少なくなっていると感じませんか?

アクセス解析を使う理由と言えば、

(1)自分が想定していたキーワードでどれぐらいアクセスがあるか?
(2)自分が想定できなかった穴場のキーワードを知ることができる。

という2点だと私は思っています。
特に(2)は重要です。

キーワード選定をする際、自分ひとりの脳みそでは
想定できるキーワードに限界があります。

そこでアクセス解析を使います。

アクセス解析を見ると、稀に「これは想定外!」という
キーワードを見つることができ、そのキーワードで
アクセスがあるということは、そのキーワードを
記事に盛り込めばもっとアクセスが増えるはず!

という感じで、キーワード発掘ツールとして使うのが
私流でした。

 

ところが、9月頃からGoogle経由のアクセスは
キーワードが(ほぼ)取得できなくなっているのです。

実は以前より、Google経由のアクセスでキーワードを
取得できない場合がありました。これはGoogleアカウントに
ログインしている状態で検索するとSSLでデータが送受信
される為でした。

ちなみにSSLとは“Secure Sockets Layer”の略で
インターネット上で情報を暗号化して送受信する技術です。

つまり暗号化して検索するので、アクセス解析で
キーワードが取得できないというわけ。

これが9月頃から、Googleアカウントにログインしなくても
普通にGoogle検索するだけで、自動的にSSLでデータが送受信
されるようになってしまっています。

つまり、これからずっとGoogle検索でのキーワードは
わからないということです(使っているブラウザなど、
利用者の環境によってSSLにならないこともあるようです)

これは痛いですよね。。

ヤフー検索ではまだ、キーワードが取得できていますが
もしかするとヤフーもそのうちGoogleに追従するかもしれません。
そうなると、もはやアクセス解析の意味が無くなるでしょう。

 

ハミングバードなんかよりも、こっちのほうがよっぽど
私は気になっております^^;

遠くない未来、検索だけに頼っているアフィリエイトは
稼ぎづらくなってしまうかもしれません。

検索に頼ったアフィリエイトしかしていない人は
メルマガやソーシャルメディアなどを使った集客も
徐々にやっていったほうがいいでしょう。

メルマガやソーシャルメディアなら
キーワード選定とか関係なく集客できますからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る