UGCスパムで影響を受けないように

以前、米グーグルの公式フォーラムで
FirefoxやThunderbirdを開発しているMozillaの
サイトの一部がインデックスを削除されその理由が
「UGCスパム」だったと話題になりました。


UGCスパムって何??

私もそれまで聞いたことがなかったのですが
UGCとは、User Generated Contentの略で
運営者ではなくユーザーが作ったコンテンツを指します。

運営者では無く、ユーザーが作るコンテンツといえば、
代表的なものに「Youtube」などがありますね。

他にも私達に身近なもので言えば
「ブログのコメント欄」もそうです。

Mozillaの場合も、まさにそれで
スパムコメントが大量に書き込まれていたことが
グーグルにインデックスを削除された理由でした。

他人が勝手に作ったコンテンツで
運営者にペナルティがあるなんて、なんとまぁ
迷惑な話ですね。

 

ちなみに、私のブログも毎日のように
ものすごい数のスパムコメントが書き込まれます。

わずか数日で、こんなに大量のスパムコメント。
 ↓
スパムコメント

だいたいが海外のサイトっぽいです。
1週間も放置していたら、300件以上書き込まれます。

被リンクと、アクセス集めにしている事なのでしょうが
こういうUGCスパム対策で、リンクをnofollow属性にする人も
多いでしょうから、今後は意味が無くなるかもしれません。

(nofollow属性とは、そのリンクから検索ロボットが巡回しないように
 するものですので、被リンクとしての効果が無くなります)

最近は、コメントまわりをしてアクセスを集めるということも
全くしなくなったのですが、改めて考えると、
コメントまわり自体、軽いスパム行為だよなぁって思います。

ワードプレスは「Akismet」という標準プラグインで
全てシャットアウトされてるので問題無いのですが

無料ブログなどでは、ガンガン書き込まれることもあるので
コメント機能はストップしておいたほうがいいでしょう。

勝手に書き込まれたスパムコメントで、自分のサイトの
インデックスが消されるなんて馬鹿らしいですもんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

ピックアップエントリー

tcd013_01

2014-3-13

WordPressテーマ Gorgeous (TCD013) レビュー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る