高級なお茶と、安いお茶

先日、役所に行く用事があったので
その帰りに、某百貨店に寄りました。
理由は「美味しいお茶」を飲みたかったから。

幼い頃からお茶は好きで、毎日のように飲んでいますが
あまり銘柄にこだわりはなく、伊藤園などの
どこでも売っている、安いお茶を飲んでました。

鹿児島は、日本でもわりと有数なお茶の産地なのに(笑)

行ってみると、さすがに百貨店です。
お茶の専門店が何件もありました。

そのフロア全体に漂う、お茶の良い香り。
どのお店も、袋に入ったお茶を何十種類も並べています。

正直、お茶のことは全然わからないのですが
値段の高いお茶が、美味しいお茶なのでしょう。
それにしても種類が多すぎて迷います。

そして、どのお店も店頭には、お茶が入っている
ガラスケースがあり「はかり売り」で購入ができます。
そして、売り子さんは試飲の案内をしています。

袋に入っている状態では、中身が見えないのですが
ガラスケースに入っているお茶は、ビジュアル的にも
香り的にも、とても美味しそうに見えます。

さて、ここで問題です^^

この、店頭でガラスケースに入っていて
はかり売りも可能で、試飲もできるお茶は
どんなお茶だと思います?

って・・・かなり曖昧な質問ですね。
では、簡単な2択にしましょう。

1)高いお茶
2)安いお茶

さて、どちらでしょう?

 

 

 

 
正解は、「安いお茶」でした。

ちなみに1店舗だけでなく、全部のお店で確認しましたが
全店、安いお茶を店頭においていました。

理由を詳しくは聞いていませんが、
おそらくお茶の専門店は、お客からすれば
高級なお店、高いお店、というイメージのはず。

そういう「イメージだけで寄り付かない」
お客を引き込むために、香りで誘い、試飲させて、
安いお茶で、買わせているのだと思います。

実際、ご年配の奥様方が試飲しては
そのお茶を買っていってました。

これって実は、マーケティング戦略の
スキルを使っているんですよね。

さきほど「理由は詳しく聞いていませんが」と
言いましたが、正確に言うと、聞いたのですが
売り子さんが「わかりません・・」って言うので
聞けなかったんですけどね^^

おそらく経営を仕切っている人が
マーケティングを学んでそうさせているのでしょう。

  

さて、マーケティングといえばアフィリエイトや
情報販売でも、駆使している人は多いですよね。

売るためのスキルなので、当たり前といえば
当たり前か^^

以前、情報商材は高額、というイメージがありました。

私がアフィリエイトを始めた頃は、5万とか7万円とかの
商材がゴロゴロしていましたし、しかも大体が怪しいのw

しかし今では、1,000円~5,000円とかで販売している
低額商品がとても増えています。

おかげで、もう5万とか7万円ほどの商材というのは
あまり見なくなりました(もっと高額な、塾は多いけど)

だいたいの低額商品は、その後、より高級な商品を
案内して、購入してもらうことで採算を取っています。

つまり、最初の商品はお客を集めるためのものというわけ。

マーケティング用語では、最初の安い商品を「フロント商品」
後から採算を取る商品を「バックエンド商品」などと呼びます。

店頭の安いお茶は、まさにこの「フロント商品」なんですね。

もちろん、フロント商品が素晴らしいものでないと
バックエンド商品は売れませんから、
安くても中身(内容)が良くないといけません。

 

さらに、試飲とか試食は、また別のテクニックです。
こちらは心理学です。

試飲や試食というのは本来、無料で商品提供し、
その味を客が確かめ、購入に値すると判断した場合に
買ってもらうという戦略なのですが

お客は、店員から直接商品を手渡されることによって、
その味などにかかわらず “買わなければいけない”
という気持ちになってしまいます。

これはなぜかというと、人は、他人から何らかの
「施し」を受けると、お返しをしなければならない
という感情を抱くからです。

こうした心理を「返報性の原理」といいます。

私も、空港のおみやげ屋さんで試食をしてしまうと
ついつい買ってしまいますから、間違いありません(笑)

 

このように、地方のお茶屋さんも
マーケティングを学んでそれを経営に活かしています。

私もネットビジネスをする前なら、こんなことを
何も考えずに、お茶を試飲していたでしょう。
そしてお茶を買っていたでしょう。

自分が行動したのには、何らかの「からくり」がある。
こう考えると、マーケティングっておもしろいですよね。

まだ話したいことは続くんですが
さすがに長くなってきたので、また次回にします。

To be continued・・
  ↑
 ジョジョ風^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る