データの保存と受け渡しが超便利なFireStorageを使おう

ネットでやりとりをしていると、データの受け渡し等が
発生することが多いですよね。

メールで添付すれば良い、と思うかもしれませんが
容量が大きいと、メールの受信にかなり時間がかかってしまい
相手にかなり迷惑がかかります。

そもそも、あまり大きいデータだと添付できないことも。

大きいデータを受け渡しする場合は、保存場所を用意して
そこに保存し、アクセスできるURLを相手に教えるのが実用的です。

自分の借りているサーバーにアップロードするのが
一般的な使い方ですが、なるべく容量は確保したいもの。
そこで、オンラインストレージを使うと便利です。

オンラインストレージというと、ドロップボックスや
OneDriveなどが有名ですが、これらは登録が必須ですよね。

今回ご紹介する「FireStorage」は、登録無しで
すぐに使える無料のオンラインストレージです。

(無料登録すればさらに便利な機能も使えます)

FireStorage
firestorage

FireStorageがネットビジネスに「使える」理由の
ひとつとして、保存期間の設定があります。

これは、FireStorage側の容量確保が理由だと思いますが
保存期間を指定できるということはつまり
期間限定でデータを配布したりすることができるんですね。

これを自分のサーバーでやろうと思ったら、
その都度ファイルを手作業で削除しないといけません。
これが案外と面倒。

ですから、期間限定で配布したいデータなどは
FireStorageを使うとよいです。

また、パスワードをかけたり、メッセージを表示することもできるので
いろいろと使い道は広がります。

使い方は非常に簡単ですが、念のために動画でも解説しておきます。

-スポンサーリンク-



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る