人を集め続ける秘密

先日、あるツール商材を購入しました。
何も考えずに衝動買いできる程度の価格帯。

仮に使えないツールだったとしても
別に「損したー」とは思わないだろうと思ってました。
ところが・・・

ツールを起動して、ガッカリ。。

もうね、機能うんぬん以前の問題。

ツール画面の70%を、ツールの機能以外のものが
占めているんです。

安い商材なんで、いろいろ考えてのことだと
同じ販売者の立場としては理解できるので
それはまだ良いとしても・・・

そこにアニメーション画像を使ってるんですよ。
これがいただけない! チカチカして目障りこの上ない。
とてもツールを動かす気になれず、そのまま閉じました。

さらには、購入後に販売者から届いた1通目のメールが
無料オファーの案内だったもんだから、これまたガッカリ。

ツールを安く提供して、そこから利益を得るための
戦略なのでしょうが、結果的に嫌な印象を与えています。

ツール自体は素晴らしいものかもしれませんが
(使う気力が失せたので、わかりません)
こういうことで購入者の印象を悪くするのは
非常に勿体無いと思いました。

 

話は変わりますが
私は以前、「なぜディズニーランドには人が集まるのか」
という本を読んだことがあります。

その中で、特に私が心に響いた話があります。
それが「サービス」の話です。

サービスと言っても、値段を安くしたり
プレゼントしたりという類のものではありませんよ。

「おもてなし」というサービスです。

ディズニーランドは、この「おもてなし」を
ものすごく徹底しています。

従業員(キャスト)はアルバイトでもプロ意識が高く
常にお客(ゲスト)に最高のおもてなしをしよう!
と考えているというのです。

実は、ディズニーリゾートは
入場者の6~8割がリピーターなのですが
これがリピーターが多い理由なのです。

また、キャストには接客マニュアルはあるのですが
ゲストに対して「これこそが最高のおもてなし」だと
キャストが自分で判断した行為ならば
例えマニュアル違反でも、それをおこなって良いそうです。

 

つまり、私が何が言いたいのかというと

「相手の想定する“以上”のことをしましょう」

ということなんです。

実はこれ、どんな世界でも、業界でも
同じく大切な考えなんですよね。

例えば、今回私が購入したツール。

上記でお伝えしたとおり、私はガッカリしたわけですが
「安い商材だから、こういうことするんだろうな・・」
という思考が私に生まれているわけです。

つまり、ある意味、想像通り。
(それ以下でしたが)

しかしこれが

「え!こんなに安いのに、こんなことまで?!」

って思えるような機能だったり、販売者からのメールであれば
きっと私は感動して、人に勧めまくるでしょう。

これ、さきほど話した、おもてなしの心と
通じると思いませんか。

人は、自分の想定以上のことを相手にしてもらうと
感動するのです。

ビジネスだけで考えるといやらしくなりますが
単純に、相手に想像以上のことをしてあげるのって
楽しくないですか?

私はサプライズするのが好きな人間なのですが
サプライズって、するほうも、されるほうも
楽しいし、嬉しいじゃないですか。

あれも想像以上のことをしてもらうから
喜びが倍増するんですよね。

といっても「想定以上のことなんて、わからないよ」
なんて思うかもしれません。

でもね、難しく考えなくても
「相手を喜ばそう!」
と考えれば、自然とできるものです。

相手の期待以上のことをする。
これを常に考えてみて下さい。

私も人に偉そうに言えるほど極めてはいませんが
このことは常に意識するようにしています。

ビジネスにも、もちろん役立ちますし
なにより自分自身の、気持ちが豊かになりますよ^^

 

追伸)
手前味噌になりますが、私が販売しているオートレンダーは
「あの価格は安すぎる!」という声をたくさん頂いています。
これも想定以上だと思って頂いているということかなぁ、と。

さらに、バージョンアップも何度も行なっていて
新機能も無償で追加したりしてますし、
購入者通信(フォローメール)の評判も、とても良いです。

そして一番嬉しいのは、購入者さんから
たくさんの感謝のメールを頂いていること。

これは全て上記で書いた
「相手の想定する“以上”のことをする」
というのを、私自身が実践しているからかもしれません。

 

 ←この記事を読まれた記念に
  ポチっとして頂けると嬉しいです (*´∇`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

ピックアップエントリー

カゴヤ 専用サーバー

2012-10-4

カゴヤ(kagoya)の専用サーバーを契約してみた

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る