無料オファー思考の洗礼か

先日、読者さんからこんな質問を貰いました。

 “アフィリエイトについてですが、
 現在まだ何も実践しておらず、情報収集をしているところです。
 無料商材、無料特典が増えてきて、
 結局何から手を付けていけばいいかわからなくなっている状況です。

 何か塾に入ればすぐ成果が出るのかなと思っておりまして、
 「●●塾」か「●●●塾」と悩んでいるところです。
 やまひろさんのご意見も是非お聞かせいただければと思います。
 どうぞ宜しくお願い致します”

私は、塾に入ったことがないので、質問の内容には
お答えできませんでした。
なので、この方には私の見解をお答えしました。

しかし、この質問。

「まさに今の時代が反映されているなぁ」

そう感じました。

去年の中旬ぐらいから、新しい無料オファーが
毎日のようにリリースされています。

私も、毎回じゃありませんが
ビビっときたものは紹介しています。

しかし、無料オファーの情報だけでは
まず稼ぐことは難しいでしょう。

これは断言できます。

 

無料オファーというのは、なぜ無料なのか
これを冷静に考えればわかるんですが

“無料で配っても、利益が出るから” ですよね。

無料オファーには、必ずバックエンド商品があります。
だいたいは高額塾が多いです。

これによって、無料オファーのアフィリ報酬を補い
それでも利益が出るから、やっているわけです。

ちなみに、私はこのシステムを否定しているわけじゃありません。
無料オファーで学べることは、たくさんありますし
フリー戦略、大好きです^^

つまり言いたいのは、アフィリエイトの初心者さんは
無料オファーの無料の部分だけでは

“本質は、わからない” ということです。

だから、バックエンドの塾に入りなさいって意味じゃなくて
“そういうものだ” と認識しておく必要があるってことですね。

 

問題だと思うのは、この質問を下さった方は
無料オファーと、高額塾の2つしか
選択肢が無くなっているところです。

別に、数十万円の塾に入らなくても、まずは王道と言われる
教材を購入して学んでもいいわけです。
実際、そういう人のほうが多いと思うんですよね。

これ、見事に “無料オファー思考”
洗礼を受けてます。

しかも、この2つの高額塾はどちらも、無料オファーの
コピペメールを配信して稼いでいる方が運営している塾です。

私はこの塾に入っていないので、本当に
稼げるのかどうかはわかりませんし
どんなカリキュラムをしているかもわかりません。

なので、薦めることも、否定することもしません。

私の見解は、
お金に余裕があれば塾に入ればいいと思います。

ただし、借金するぐらいなら教材を買って
まずは自分で勉強するべきだと思います。

 

人間には、2種類のタイプがいます。

自分で自分を制御できる人と
自分では自分を制御できない人です。

自分で制御できる人は、教材を買って、実践できますが
制御できない人は、おしりを叩いてもらったほうがいいので
塾に入るか、コンサルを受ける等、したほうがいいとは思います。

借金して、背水の陣で突き進む人もいるでしょう。

そのほうが、自分を追い込むという意味で良い場合がありますし
実際、それで伸びた人もいます。

しかし、私は、あまりこの方法はお勧めできません。
リスクが高すぎます。

結婚していて家族を養っていたら、尚更です。

リスク無く稼げるのがアフィリエイトのメリットなので
わざわざリスクを冒す必要はないですよ。
1万円程度だせば、しっかりした教材買えますし。

なので、自分がどちらのタイプかを考えてみて
そのうえで、決めたほうがいいです。

 

もし塾に入ることを決断したのなら
ひたすら、がむしゃらにやるべきです。

塾に入ったことで安心して、なにもしない人もいます。
それでは全く意味がありませんよね。

実践しなければ、本当の捨て銭になりますから
決めたなら、一生懸命やる。

まぁ結局は、どちらも “自分次第” ってことです。

 

PS
この問題は、本当に難しいですよね。

私は、私の経験上、塾に入って後悔した人を
多く見ているから、こう思うのかもしれません。

実際、塾に入って稼げる人もいるでしょうし
塾に入ることによって得られるメリットも
(人脈など)あるでしょうしね。

正直なところ、こればっかりは何ともいえません。

 

 ←この記事を読まれた記念に
  ポチっとして頂けると嬉しいです (*´∇`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る