続・無料レポートスタンドの終焉

無料レポートを積極的に作成している人には
ちょっとショックかもしれませんが
無料レポートスタンドからの集客は崩壊しつつあります。

少し前にもメルマガで書いたのですが
最近は、協賛ポイント欲しさに自分でレポートを
ダウンロードするアフィリエイターも出てきました。

また、他人のレポートを紹介する時に
「フリーメールで登録する事をオススメします」
なんて、わざわざ書いている人もいるせいか
それを読んだ人は、悪意なく捨てアドレスを使います。

ちなみに「捨てアドレス」とは、普段全く見ない
(レポートをダウンロードする為だけの)
メールアドレスの事を指します。

私も今までお世話になってきた最大手の「メルぞう」は
もともと審査が厳しかったのですが、最近は特にひどいです。
しかも、審査が超厳しい上に集まったリストのほとんどが
捨てアドレスという現状。

これじゃぁ、もう使えません。
唯一、今でも使えるとすれば、ブランディングくらいでしょう。

そんなメルぞうですが、最近は本当に大丈夫??って
思うぐらい、異常な感じがします。

以前は午前中までに登録すれば、その日のうちに
審査結果が出たものですが、今は5日以上はザラ。

ということは、当然、トップページに掲載されている
レポートは数日間同じまま。

結果、掲載されたとしても大量のレポートに紛れて
一気に2ページ目とかに消えてしまいます。

今までは、メルマガアフィリエイトを始める場合
無料レポートの作成が定番でしたが、この現状だと
もう終焉を迎えているとしか思えません。

事実、私のメルマガ読者数は一時期、6,000人ほどいましたが
クリック数を計測して、精読している人を調べた所
わずか1,000人ほどしかいませんでした。

無料レポート中心に読者を集めてきた私は
捨てアドレス率8割強という恐ろしい状態だったわけです。

数年前に、配送業者がメール便を大量に破棄していた
事件がありましたが、イメージ的にはあれに近いですね。

以前のメルぞうは、良質の読者さんが集まるスタンドでしたが
上記で述べたように、一部のアフィリエイターによって
使えないスタンドになってしまっています。
残念な話です。

審査が厳しい上に、捨てアドレスが多いとなると
無料レポートにはあまりメリットを感じません。

無料レポートスタンドを利用するなとは言いませんが
100件ダウンロードされたとしても、読んでくれる人は
せいぜい20名前後だという事を分かっておいたほうがよいです。

まぁ、それでも無料で読者さんを獲得できれば
充分すぎるかもしれませんけどね^^

でもひとつの案として・・
これまで無料レポートにしてきたようなノウハウを
ブログでコンテンツとして提供し、検索で来た訪問者に
有益なブログだと認識させて、メルマガに誘導という
導線に力を入れるのもアリかなと思います。

読者数でブランディングするのもいいですが
数だけ多く全く読まれない、無意味なリストより
少数でもちゃんと読んでくれる読者さんのほうを
大切にしたいですからね。

 

 ←この記事を読まれた記念に
  ポチっとして頂けると嬉しいです (*´∇`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る