オフィスソフトを超簡単に比較してみました

office2010
マイクロソフトオフィスって、メーカーパソコンには
標準でインストールされていたりしますが
普通に買うとなると、結構な出費ですよね。

ワード、エクセル、パワーポイントが使える
Microsoft Office Home and Business 2010 だと
定価は36,540円もします。

私は、今までオフィスソフトは無料のオープンオフィス
使用していました。

これでも、比較的不自由はしなかったのですが
アフィリエイトを始めてから、無料レポートを作成する際に
テンプレートを使用しようとしたところ

マイクロソフトオフィス用に作られたテンプレートが多く
オープンオフィスでは正常に使用できない事に気付きました。

そこで、色々なオフィスソフトを試しましたのですが
全部をまとめるのは大変なので(笑)
私に必要な部分だけを、超簡単に比較してみました。
(2011年8月現在)

比較のポイントは、ワード用のテンプレートが正常に
機能するかどうかです。

テンプレートはこちらを使用しました。
 ↓
レポートテンプレート集100

今回、比較したソフトはこちらの3つです
 ↓
オープンオフィス(無料)
ライブラオフィス(無料)
キングソフトオフィス(有料)

オープンオフィスで、このテンプレートを開くとこうなります。
openoffice
一見するとわかりませんが、テンプレートの背景画像や
ヘッダー&フッターが全く表示されていません。

お次は、ライブラオフィスです。こちらもフリーソフトです。
LibreOffice
こちらは、背景とヘッダー&フッターは表示されましたが
配置がめちゃくちゃですね。

そして、キングソフトオフィスです。こちらは有料ですが、かなり安いです。
kingsoftoffice
完璧に表示されました。目次のリンクなどの機能も正常に動きます。

実は、上記以外にも、こちらを参照して
いくつかのオフィスソフトで試しましたが、どれも
何かしらの不具合がありました。

キングソフトオフィスは有料ですが、ワープロ&表計算&プレゼンが
セットになっても4,980円ですし、単体だと1,980円と激安です。

さらに、マイクロソフトオフィスと保存形式、見た目や操作感まで
一緒で使いやすかったので、今回私はキングソフトオフィスを購入しました。

 
それでもやっぱり、マイクロソフト・オフィスがいいなら
ヤフオクで探してみるのもいいかもしれません。

追記

長らくキングソフトオフィスを使ってきましたが
やはり正規品に比べると不便な部分も感じ出してしまいまして・・

結局、現在は正規品のマイクロソフトオフィスを使ってます。
やはり「餅は餅屋」ですね。

ちなみにアマゾンのダウンロード版が安かったです。

office2013
Microsoft Office Personal 2013[ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

ピックアップエントリー

tcd013_01

2014-3-13

WordPressテーマ Gorgeous (TCD013) レビュー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る