画像の品質を上げ、なおかつ容量を減らすには

ホームページやブログで記事を書く際に
具体的にイメージさせるのに効果的なのは
画像を使うことです。

文章だけではイメージしにくい場合でも
画像を使えばカンタンに想像できますからね。

画像は、どんどん使うことをおすすめします。

ただし、画像を使う際に気を付けないと
いけないのは、画像の容量です。

容量の大きい画像は、サイトを表示する際に時間がかかってしまうので、
いわゆる「重い」という認識をされてしまいます。

これは、ネットユーザーに親切ではありませし、
実はSEO的にもあまりよろしくありませせん。

最低限の画像の種類を知っておこう

画像には沢山の種類がありますが、比較的一般的なのは
以下の3つです。

・JPG(ジェイペグ)
・GIF(ジフ)
・PNG(ピング)

これらの画像の特徴を簡単に説明すると

JPG(jpeg)

 写真(デジカメ)などによく使われる
 容量が比較的小さい
 加工すると画質が悪くなりやすい

GIF

 WEBサイトに適している
 容量が比較的小さい
 色数が多い写真などには向いていない
 透明色を扱える
 アニメーションが作れる

PNG

 比較的新しく開発された画像形式である
 圧縮率が高く、画質が良い
 透明色を扱える
 可逆圧縮形式である
 W3C(World Wide Web Consortium)が推奨している

※可逆圧縮形式 = 圧縮前と圧縮後のデータが等しくなる圧縮方法
※W3C = インターネットで利用される技術の標準化をすすめる団体

 

私は、ほとんどPNG形式で画像を保存しています。

理由は、画像に文字を入れるなどの加工をしても
画質が落ちにくいからです。

JPGは最初はキレイなのですが、加工すると(サイズ変更含む)
画質が落ちてしまいます。

これだけ見ると、PNGが圧倒的に良いと思いますよね。

しかしPNGにも欠点があり、JPG、GIFに比べると
容量が大きいんです。

 

容量の大きさで比較すると、以下のようになります。

PNG > GIF > JPG  ←フルカラーの画像の場合
PNG > JPG > GIF  ←単色の画像の場合

このように、PNGはどちらにしても他の画像形式より
容量が大きいのです。

「容量が大きいと、ユーザーにやさしくないんでしょ
 じゃぁ、だめじゃん!」

なんて言われそうですが、そこで効いてくるのが 可逆圧縮形式 です。

上で説明したように、PNGは可逆圧縮形式が可能です。
つまり、圧縮しても画質が落ちないんですね。

じゃぁ、どうやって圧縮するのかといいますと
このサイトを使うとカンタンです。
 ↓
http://tinypng.org/

PNG画像を「Drop Your .png files here!」と書かれているところに
重ねます(ドラッグ)と、圧縮をしたデータをダウンロードできます。
tinypng

このような容量のPNG画像が・・

こうなります。

場合によっては、JPGやGIFよりも容量が少なくなる
こともありますよ。

キレイな画像のほうが、見栄えも良いので
この方法を活用して成果を上げて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る