キーワードの狙い目は抽象的な表現

アフィリエイトだけじゃなく、インターネットを
使って商売をしている人(企業)にとって
キーワード選定というのは一番大事なポイントです。

購入につながるキーワードを見つけられるか?
これだけの事ですが

SEOでも、PPCでも購入に繋がるキーワードは
ライバルが非常に多いのが現状です。

例えば、

「ゴルフ 上達」
「ダイエット 方法」
「バストアップ 最新」

などは購入につながる可能性が高いキーワード
ですが、当然ながらライバルも多い。

企業が莫大な広告費をかけて参入している
キーワードに個人が勝てる可能性は限りなく
低いです。

では、我々アフィリエイターはどんな
キーワードを狙うべきなのでしょうか。

狙い目として有効なのが、抽象的なキーワードです。

一般的にキーワードは名詞と思われていますし
実際に名詞をつなげて検索しているケースは
多いです。

当然そこにはライバルがたくさんいます。

しかし、このキーワードを変形してみると
ライバルが少ないブルーオーシャン状態に
することも容易です。

では実際に変形キーワードで、成約に
つながった、私の例をいくつか紹介します。

「肌 美白」   一般的なキーワード
  ↓
「美しい 肌」  変形キーワード

「ECO 家電」
  ↓
「地球にやさしい 家電」

「メンズ 時計 ブランド」
  ↓
「かっこいい 時計 メンズ」

一般的なキーワードはSEOやPPCともに
競合が多く、それなりにコストがかかる
キーワードですが

それに対して変形キーワードは
形容詞などの抽象的なキーワードです。

このようなキーワードで探している人は
ニッチで特殊な情報を持っている人。

そのような人は特別な情報をどこかで入手
しているからこそ検索をしてくるわけで

非常に質の高いユーザーとなってくれるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る