短縮URLを利用するメリット

  • 公開日:2011/2/2
  • 更新日:

URL縮小サービスというのがありますが
あなたは使用されてますか?

ツイッターをしている方は、文字数を有効利用するために
使用している方が多いようです。

ちなみに、なぜURLを短縮する必要があるのでしょう。

長いURLをシンプルに表示できる

最近は日本語でURLを設定していることも増えましたが
そういう場合、実際のURLはとんでもなく長いURLになります。
2014-03-12 07-23-45
こういう場合、短縮URLを使用するとスッキリします。
ツイッターなどの文字数が制限されている場合も有効です。

クリック数の把握ができる

精密さに差はありますが、どのサービスも基本的に
クリック数の計測ができるようになっています。
コンバージョンを測る上でもクリック数の把握は有効なので
ありがたい機能です。

アフィリエイトリンクだと気づかせないようにする

普通はあまり気にしなくても良いことなのですが
アフィリエイトの事を知っている方は得てして
インフォトップやA8などのドメインが付いているリンクを
クリックしたがりません。

それを回避する為に短縮URLを使っている人も多いようです。
(最近では短縮URL=アフィリリンクという認識も出てきているようなw)

この3点が一般的にメリットと言われる部分です。

上記の事も、もちろんあるのですが
私が個人的に一番メリットを感じているのは

内部SEO対策

として利用するという部分です。

これは、独自ドメインのサイトを運営しているのが前提になりますが
「発リンク」を減らす効果があると、個人的には思っています。

SEO対策の基本で「被リンクが多いほうが良い」ということが
言われていますが

さらに効果を上げる為に、なるべく発リンクは少なくしたほうが、
良いと言われています。

深く考えずに記事を書いていくと、どうしても
「発リンク」は増えていきます。

その「発リンク」を全て独自ドメインの短縮URLに差し替える
ことにより「内部リンク」と認識されるのではないか?
私はそう考えています。

実際、効果を感じていますし。

ちょっとした事ですが、こういった事の積み重ねが
上位表示させる事につながります。

短縮URLには、サービス系とツール系があります

短縮URLには、無料のサービス系と有料のツール系があります
無料サービスでは、「Bit.ly」などが有名です。

そのサイトにアクセスして、指定の場所にアドレスを入力すると、
すぐに短縮URLを発行してくれるというもの。

お手軽で簡単ですが、他サイトのドメインになってしまうので、
SEO的には、あまりおいしくありません。

それに、無料サービスはいつ終了するかわかりません。
実際に有名ドコロの短縮URLのいくつかはサービスを終了しています。

また、「Google URL Shortener」などは、
一部ドメインのURLを正常に飛ばしてくれないことがあります。

私はツール系をおすすめします

有料で販売されている短縮URLツールなら、
自分のドメインが使用できるので(自分のサーバーにインストールするので)
内部SEO的に有効です。

インストールや設定が多少面倒であったりしますが
独自ドメインを使用しているレベルの方なら問題ないでしょう。

ちなみに私が使っているのはこの短縮URLツールです。
短縮URLマルチ転送システム

このツールの優れているところは、アクセス元の環境をチェックし
携帯、スマホ、PCを各々指定したURLへ転送することができるところです。

ASPによっては、機種ごとにアフィリエイトリンクが
別に設定されている場合があるため、従来なら取りこぼしが
あったものも、これで防ぐことができます。

有料ではありますが、その費用対効果を考えるとこれぐらい
安いものです。

もし、あなたのサイトが「発リンク」が多いなら
このツールを導入することをオススメします。

 

追記

上記以外にも、短縮URLを導入したほうが良いと感じたことがあります。
それは、リンク切れやURL変更などに伴う諸作業を
圧倒的に効率化できる、ということです。

私の例で言いますと、メルマガの登録フォームや、問い合わせフォームなど
今まで何度も変更してきました(設置ドメインの変更などにより)

その都度、ブログや無料レポートなどに記載していたリンクを
すべて変更しないといけないという状況に陥ります。
これが予想以上に面倒くさいです。

そこで考えついたのが、すべてのリンクを短縮URL化しておくこと。

こうすることで、仮に元のURL(ドメイン)が変更になったとしても
短縮URLツールの編集画面で1箇所変更しさえすれば
すべてのURLをいっぺんに変更することができるのです。

これはかなりオススメ。

たくさんの記事やレポートなどに同一URLを使用する場合は
短縮化して使用することで圧倒的に作業が効率化できます。
ぜひお試しあれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料メールスクール




サイト著者

管理人やまひろ
運営者:耶麻尋(やまひろ)

インターネットを活用したビジネスでご飯を食べている人。チョコと犬と漫画が大好き。
詳しいプロフィールはこちら


ボタンが反応しない場合は
(ctrl+D)

過去のエントリー

ピックアップエントリー

tcd013_01

2014-3-13

WordPressテーマ Gorgeous (TCD013) レビュー

無料メールマガジン

お名前
メールアドレス

      
ページ上部へ戻る